まつ毛を伸ばす

睫毛貧毛症

睫毛貧毛症とは、まつげが短かったり少なかったりする症状のことを言います。
この睫毛貧毛症を治療する医薬品が初めて日本で承認されました。グラッシュビスタというまつ毛育毛剤です。

 

グラッシュビスタはアメリカの製薬会社アラガンから販売されていますが、アラガンが初めて睫毛貧毛症のために開発した薬はラティースという医薬品です。
ラティースとグラッシュビスタ、製品名は違いますが有効成分は同じです。

 

このように同じ有効成分なのに製品名だけが違うというのが、まつ毛育毛剤の特徴ともいえるでしょう。
同じ成分(ビマトプロスト)を有効成分としたまつ毛育毛剤は、他にもルミガンやケアプロストなどがあります。

 

ルミガンはやはりアラガン社製。ケアプロストはサンファーマ社製です。
サンファーマはインドのジェネリック医薬品を主に製造している会社で、ケアプロストもルミガンのジェネリックにあたります。

 

ケアプロストはこのインド製ジェネリックという価格優位性で、今一番注目のまつ毛育毛剤です。
グラッシュビスタのように病院での処方は出来ませんが、グラッシュビスタからケアプロストに乗り換える人がこれから多くなるのではないでしょうか。

 

 

グラッシュビスタ